レンジングオイルの効果的な使い方とメリット・デメリット

クレンジングオイルはもっとも一般的なクレンジング剤です。通常クレンジング剤を購入する場合にはこのタイプの中から選ぶということになるでしょう。しかしそれだけにどのようなメリット・デメリットがあるのか、うまく使いこなしてメリットだけわ活かすためにはどういった使い方のポイントがあるのかを知っておく必要があります。

クレンジングオイルのメリットは油性のメイクも落とせるほどの洗浄力の高さ

クレンジングバームおすすめ

肌質によってはこのクレンジングオイルはトラブルの原因になってしまうこともある怖い面もあるからです。

 

クレンジングオイルの最大の特徴は洗浄力に優れている点です。クレンジングの主な目的はメイクを落とす点にありますが、油性のメイクをしっかり落とすためにはオイルでよくなじませて肌から浮き上がらせることが大事です

 

カバー力に優れたファンデーションであればあるほどこの点が重要になってくるため、オイル分の含有量が多いクレンジングオイルはメイクをしっかり落としていくうえで非常に有効な選択肢なのです。とくにしっかりメイクをしている方、肌トラブルを隠すためにカバー力に優れたファンデーションを使っている方はこのタイプがもっとも理想的なクレンジング剤といえます

 

ただしこのオイル分が多く洗浄力に優れているという点はデメリットと背中合わせの部分があり、メイクをしっかり落とせる一方で肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

一生懸命洗えば洗うほど肌への負担が大きくなり、バリア機能の低下や乾燥、さらに老化によるシワやたるみといったトラブルの原因を引き起こしてしまいかねないのです。

クレンジングオイルは肌に塗布する前に乳化させておく

クレンジングバームおすすめ

この点は乾燥肌や敏感肌、老化の影響が気になり始めた年齢肌の方にとっては非常な厄介なデメリットといえます。

 

ですからクレンジングオイルを使う場合には優れた洗浄力のメリットを最大限に活かしつつ、肌への負担を最小限に抑える工夫が必要です。

 

まずはアイメイクなど濃い目のポイントメイクを行っている部分はリムーバーで落としておきましょう。洗浄力が強いからといってクレンジングオイルだけですべてを落とそうとすると負担の原因となります。

 

それからもうひとつ大事なのが肌に塗付する前に少量の水とうまく混ぜ合わせて乳化させる点です。まず手にひらにクレンジングオイルをとったら水とよく混ぜてみましょう。クレンジング剤が白くなるはずです。

 

そのうえで使用すると肌になじみやすくなってメイクを浮かび上がらせやすくなるのでゴシゴシと何度も擦らずに落としていくことができます。このようにできるだけ肌に負担をかけずに洗っていく工夫を取り入れていくことでクレンジングオイルのメリットを活かすことができるはずです。

コスメルジュ編集部が選んだ!おすすめクレンジングバーム

クレンジングリキッドの効果的な使い方とメリット・デメリット

クレンジングリキッドはクレンジングオイルではちょっと肌への刺激が気になるという方に適しているタイプです。適度な洗浄力を備えつつクレンジングオイルよりも低刺激なので肌に負担をかけずに洗っていくことができるのが特徴です。

クレンジングリキッドは水にも馴染むので刺激な敏感な状態に適しているのがメリット

クレンジングバームおすすめ

最大の特徴は油分と水分両方とうまくなじみやすい点にあります。

 

クレンジングオイルはオイルの含有量が多いこともあって油性のメイクとよくなじむことで高い洗浄力を発揮するのですが、その分水になじみにくく、どうしても洗う際に何度も擦らなければならないなどの刺激が気になります。

 

クレンジングオイルよりも水分の含有量が多いクレンジングリキッドでは水にもよくなじむので強く何度も擦ることなく洗っていくことができます。バリア機能が低下している、あるいは肌荒れを起こしてしまっているといった刺激に敏感な肌にとくに適しています。

 

またテクスチャーがさっぱりとしているので洗い上がりが心地よいのもクレンジングリキッドの大きな特徴です。クレンジングオイルはベタつくのがちょっと…という方にもよいでしょう。こうしたメリットを備えているクレンジングリキッドですが、デメリットとしては中途半端な点が挙げられます。

 

クレンジングオイルに比べて肌への刺激が少ないのはよいのですが洗浄力も落ちるのでメイクをしっかり落とせない可能性がある、逆にクレンジングクリームやクレンジングミルクに比べると肌への負担が大きいので肌質によってはこのタイプでも肌に合わないケースもあります。

脂性肌の人にはクレンジングリキッドは洗浄力が足りないと感じることもある

クレンジングバームおすすめ

つまり脂性肌にとっては洗浄力が物足りず、乾燥肌・敏感肌にとっては刺激が強い、というどっちつかずの面もあるわけです。その分自分に合った製品を見つけられるかどうかが鍵となるでしょう。

 

このようにまず製品選びが鍵となるため、使い方に関してはとくに注意しなければならない点はありません。ポイントしては洗浄力がクレンジングオイルよりも落ちる分、リムーバーを利用してポイントメイクを落としておくなどの工夫が重要になります

 

それからリキッドタイプは温度が低くなると固まってしまいせっかくのメリットが活かせません。肌に塗付する際にはまず手のひらにとったうえで肌の温度にまで温めたうえで使ったほうがなじみやすいといわれています。

 

またすすぎの際にも冷たい水ですすぐと固まって落ちにくくなりますし、逆に熱すぎると肌に負担がかかってしまうので要注意、ややぬるめのお湯を使うのがポイントです。

 

使い勝手がよいのがリキッドタイプの特徴ですが、それだけにとらわれず本当に自分の肌に合っているのかどうかをよく検討したうえで使用することが大事です。

クレンジングジェルの効果的な使い方とメリット・デメリット

クレンジングジェルは使い勝手のよさからさまざまなメーカーから発売される機会が増えているクレンジング剤の種類です。洗顔料と同様、洗い上がりの爽快感が魅力なのですが、その一方でジェルタイプとひと口に行ってもさまざまなタイプがあるため、各製品ごとの特徴やメリット・デメリットをよく把握しておくことが求められます。

クレンジングジェルには油性と水性があり洗浄力や刺激が異なる

クレンジングバームおすすめ

クレンジングジェルを使用するうえでもっとも注意しておきたいのは油性タイプと水性タイプの2種類がある点です。

 

オイルが多く配合されている製品と、水分をベースにしている製品ではおなじジェル状でも内容にかなりの差が出てきますから必ず確認しておきましょう。クレンジングは原則としてオイルが多ければ多いほど洗浄力に優れています

 

メイクは油性ですから、オイルをなじませて肌から浮き上がらせたうえで洗い落としていくことになるからです。ですから洗浄力を重視するなら油性タイプの方が適していますが、その分肌への負担が大きくなる面もあります。

 

そのため低刺激を重視するなら水性タイプの方が適しているでしょう。注意したいのは「ジェルタイプは肌に優しい」というイメージから油性タイプを安易に使用してしまうケースが見られる点です。乾燥肌・敏感肌の方は水性タイプ、脂性肌の方は油性タイプがそれぞれ適していることを覚えてきましょう。

 

水性・油性両方に共通しているメリットは程よい手ごたえと厚みがあるのでしっかりと洗っていくことができる点です。

水性クレンジングジェルはマツエクを長持ちさせたい人にもお勧め

クレンジングバームおすすめ

厚みがあるので指で肌を強く擦る必要もなくメイクを落としていけるのも魅力です。そのうえで洗い上がりはさっぱり、またひんやりした感触に心地よさを感じる方も多いでしょう。

 

またマツエクをつけていてできるだけ長持ちさせたいという方は水性タイプのジェルがお勧めです。適度な洗浄力でマツエクにダメージを与えることなく洗っていくことができるでしょう。

 

使い方の注意点としてはまず使用量に注意すること、当たり前のように思えますがジェルタイプは適度な厚みがあることもあってか適量よりも少なめに使用してしまうことも多く、必ず製品ごとの目安を確認しておくことが大事です

 

それからお風呂場など湿気が高いところで使用するとジェルが肌になじみにくく十分な洗浄力が発揮されないこともあります。入浴中にクレンジングをする方は注意しましょう。また手が濡れている場合もせっかくの効果が落ちてしまうこともあるので水気を払った状態で使用するのも大事なポイントです。

クレンジングクリームの効果的な使い方とメリット・デメリット

クレンジングクリームは乾燥肌・敏感肌など刺激に敏感になってる肌に適したクレンジング剤として知られています。ただクレンジングクリームといってもさまざまな種類があるのでそれらの特徴やメリット・デメリット、正しい使い方などをしっかり踏まえたうえで選ぶことが欠かせません。

クレンジングクリームは洗い流すタイプとふき取りタイプと大きく2つのタイプがある

クレンジングバームおすすめ

クレンジングクリームの大きな特徴は2つ。クリームタイプなので適度な厚みがあり、しっとりとしたテクスチャーをしていること。この点はジェルタイプと正反対、しっかりとメイクを落とした手ごたえがほしい、または洗い終わったときのしっとり缶がほしいという方に適しています

 

もうひとつの特徴は通常の洗い流すタイプに加えてふき取るタイプもあること。コットンなどにつけたうえでふきとってメイクを落としていくことができるわけです。製品によっては洗い流す、ふき取り両方で使用できる製品もあるのでチェックしてみるとよいでしょう。

 

洗い流しで使用するか、ふき取りで使用するかによってメリット・デメリット、さらに使い方にも大きな違いがでてきます。ふき取りの場合は外出先などさまざまなシチュエーションで使用できる点が何よりも魅力です

 

夏場など汗でメイクが崩れてしまったときなどにクレンジングクリームで落とした後にメイクをしなおす、といったこともできます。

 

ピンポイントで落としたいところだけを落とす、といったシチュエーションにもピッタリです。しかしその一方でふき取る際に肌に擦る摩擦の刺激が負担をかけてしまうこともあるのがデメリットです。

クレンジングクリームはオイルに比べて刺激は少ないが洗浄力が弱いのがデメリット

クレンジングバームおすすめ

それに対して洗い流すタイプでは肌への刺激が少ないのが最大の魅力です。まずクレンジングオイルに比べてオイルの含有量が少ないですし、厚みがあるクリームなので指で肌を強く擦らず無理なくなじませながら洗っていくことができます。この点こそ、冒頭で触れた乾燥肌・敏感肌に適している最大の理由です。

 

ただデメリットとしてはクレンジング剤としての洗浄力が弱いことで、メイクの濃さによっては十分に落とすことができないこともあります。

 

ですから使い方の注意点としてはまずクレンジングクリームで落とせる範囲内のメイクを心がける点が第一として挙げられます。そのうえでふき取りでの使用はできるだけ避けるようにしましょう。楽だからといって頼っていると肌への負担が蓄積してしまいます。

 

それからもうひとつ、クリームを塗付する前に手にとって肌の温度にまで温めましょう。厚みがある分肌になじみにくい面もあるのですが、こうすることでそれを解消して肌になじませながらメイクを落としていくことができます。洗浄力の不足をカバーする上でもぜひとも取り入れたいポイントです。

クレンジングミルクの効果的な使い方とメリット・デメリット

クレンジングミルクはクレンジングクリームと共通する部分が多いタイプで、逆にクレンジングオイルとは正反対の特徴を持つといってもよいタイプでもあります。

クレンジングミルクは刺激が少なく敏感・乾燥肌の人でも使いやすいのがメリット

クレンジングバームおすすめ

クレンジング剤を評価するおもなポイントは洗浄力と低刺激の2つです。

 

そして洗浄力の点でトップに立つのがクレンジングオイル、低刺激の点でトップに立つのかがこのクレンジングミルクということになります。ですからクレンジングオイルは自分には適していないという方に向いている面もあるわけです。

 

ミルクタイプの最大の特徴はオイルの含有量が少なく、肌への負担が少ない点にあります。乾燥肌、敏感肌の方はクレンジングオイルやクレンジングリキッドが肌に合わないことも多いですし、肌荒れを起こしている方などはとにかく肌にできるだけ負担をかけないことが重視されます。そんな時に低刺激のクレンジングミルクが適しているのです。

 

なお、このクレンジングミルクはクリームタイプと同様、肌に直接塗布して洗い流すタイプとコットンにとってふき取って落としていくタイプがあります。両方を兼ねている製品も多いので選ぶ際には必ず確認しておきましょう。

 

ですから洗い流す使い方をすれば低刺激でメイクを落とすことができるメリットが得られますし、ふき取る使い方をすれば外出先などさまざまなシチュエーションで使用できるメリットが得られます。ただしこうした点はデメリットと背中合わせの部分もあるので注意しなければなりません。

クレンジングミルクで落とせる範囲のメイクを心がけるのがポイント

クレンジングバームおすすめ

低刺激な洗浄力がどうしても劣ってしまうため、肝心のメイクを落とす役割が十分に果たせないケースも見られます。

 

パウダーファンデーションやBBクリーム程度のメイクなら十分に落とせまずか、リキッドファンデーションやアイメイクなどしっかりメイクをした場合には洗浄力が不足してしまうことがあるので要注意、その場合はリムーバーを使用するなど他のアイテムと併用しての使い方も求められます

 

使い方のポイントはまず手にとって温めることです。他のタイプでもこの点がよく指摘されますが、クレンジングミルクではとくに重要なのです。

 

それはクレンジングミルクでは水分の中にオイルが包まれている状態なのですが、温めることで油分と水分がうまく溶け合って肌になじみやすくなるからです。洗い流す使い方をする場合には忘れずにこの点を踏まえておきましょう。

 

また洗い流す際にはぬるま湯を使うとメイクや汚れを落としやすくなります。洗浄力が落ちるからといって熱いお湯で洗い流そうとすると逆効果になってしまいかねないので覚えておきたいところです。

コスメルジュ編集部が選んだ!おすすめクレンジングバーム

コスメルジュ編集部が選んだ!おすすめクレンジングバーム

D.U.O.(ドゥオ)クレンジングバーム

クレンジングバームおすすめ

250万個突破!優しいのにしっかり洗い上げる@コスメ1位の人気クレンジング
3,600円税別/定期初回1,800円(2回目以降20%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

クレンジングバームおすすめ

汚れを落としながらエイジングケア!?化粧落としの常識を変えた話題のクレンジング
4,500円・税別/定期初回1,500円(2回目以降4,050円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ラフラ バームオレンジ

クレンジングバームおすすめ

65万個突破!オレンジの香りに癒されるストレスオフのクレンジングバーム
5,400円・税込/定期初回2,990円(2回目以降4,320円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!