マツエクしていても使えるクレンジングの上手な選び方

マツエクをつけたらできるだけ長持ちさせたいものです。そんなときにネックになるのがクレンジングの存在。しっかりクレンジングをしようとすればするほどマツエクがとれやすくなってしまいます。しかしかといってメイクをしているのにクレンジングをしないで済まそうと思うとメイクが肌に残って大きな負担になってしまう恐れがあります。

マツエクをしている場合はリキッドタイプのクレンジングがおすすめ

クレンジングバームおすすめ

クレンジングを行いつつ、いかにマツエクを長持ちさせていくことができるか、この点にアイメイクの鍵が潜んでいるといってもよいでしょう。

 

難しいのは洗浄力が優れたクレンジング剤であればあるほどマツエクが落ちやすくなってしまう点です。ですからどのようなメイクをしているかによって選ぶクレンジングの選択肢も異なってきます。

 

しっかりメイクをしているときとナチュラルメイクをしているときとではクレンジングに求められる洗浄力にも違いが出てきますから、この点も考慮したうえで自分にあったものをうまく選んでいきましょう。

 

マツエクをしている方は目元を印象的に演出するため、やや濃い目のメイクをする傾向が見られます。そんな方にはリキッドタイプのクレンジング剤がお勧めです。オイルクレンジングほど強い洗浄力はないものの、油分と水分のどちらにもなじみやすく適度な洗浄力で汚れとメイクを落としていくことができます

 

アイメイクとの相性もよく、マツエクだけでなく乾燥やシワなど目元の悩みを抱えている方にもお勧めです。いくらマツエクを長持ちさせるためとはいえメイクを薄めにしたくない、しっかりとアイメイクを決めたい、という方はリキッドタイプがお勧めです。

拭き取りタイプのクレンジングをコットンにたっぷり付けて使うのもマツエクを長持ちさせるには有効

クレンジングバームおすすめ

夜遅くに帰宅してクレンジングに手間がかけられない、手軽にクレンジングができる環境がほしいという方にはふき取りふき取りタイプという選択肢もあります。

 

摩擦による刺激が加わるのでアイメイクのクレンジングにはあまり向いていないとされるふき取りタイプですが、コットンをマツエクに触れることなく調節しながらメイクを落としていくことができるので長持ちさせるにはよい選択肢です

 

注意したいのはクレンジング剤をしっかりとコットンになじませること、あまり強くこすって落とさないことです。使用するクレンジング剤の量が少ないとどうしても強くこすってしまいがちですから、十分な量でメイクになじませながら落としていくよう心がけましょう。

 

もうひとつ、注目度を高めている炭酸クレンジングもおすすめとして挙げておきましょう。

 

たんぱく質を分解する働きで角質や汚れを落とすことができるこの炭酸クレンジングは洗浄力に対して肌への刺激が少なく、たくさん擦ることなく洗うことができるのでマツエクを長持ちさせるのに適しているのです。目元が乾燥気味の人は注意が必要ですが、なかなかいいクレンジング剤が見つからないという方は試してみるとよいかもしれません。

コスメルジュ編集部が選んだ!おすすめクレンジングバーム

毛穴の黒ずみに効果的なクレンジングの選び方

毛穴の黒ずみ対策ではクレンジングをいかにうまく活用できるかが重要なポイントとなってきます。何しろ毛穴に皮脂や古い角質などが詰まりやすい環境にあるわけですから、クレンジングの段階でしっかりと洗い落としておかないと毛穴つまりから酸化による角栓の発生、さらにはそれをエサに雑菌が繁殖して炎症、吹き出物といったトラブルが発生してしまうようになります。

毛穴の黒ずみ対策に最も適しているのはオイルタイプ

クレンジングバームおすすめ

となるといかに洗浄力に優れているかどうかが毛穴の黒ずみ対策におけるクレンジング剤選びの最大のポイントといえるわけですが、その際には自分の肌質をよく考えた上で検討していくことが大事です。

 

純粋に毛穴の黒ずみ対策に適しているクレンジング剤は何か?といわれれば間違いなく洗浄力に優れたオイルクレンジングです。オイルの含有量が多く、皮脂や角質を浮かび上がらせることで除去していくことができるので理想的な選択肢といえます

 

しかしオイルが多く含まれているクレンジング剤は洗浄力に優れている一方、肌への刺激が強いので要注意です。乾燥肌・敏感肌などバリア機能の低下に悩まされている方、あるいは口元や目元など刺激を受けやすい部分に使用する場合には要注意、使い終わった後にピリピリするなど刺激を感じる場合には避けたほうがよいでしょう。

 

そんな場合にはオイルが含まれているもののよりマイルドなリキッドタイプや油性のジェルタイプを使ってみましょう。これらのアイテムは油分と水分の両方になじみやすいので肌に負担をかけることなく汚れを落としていくことができます。

乾燥・敏感肌で毛穴の黒ずみが気になる場合はクレンジングと洗顔料の2段階でケアする

クレンジングバームおすすめ

毛穴の奥の汚れまでしっかり落とせるよう、使用する際には肌によくなじませるよう心がけながら洗っていくとよいでしょう。肌への刺激・負担が気になる方にはこのタイプが一番のお勧めかもしれません。

 

問題なのは先ほども触れたバリア機能が低下している乾燥肌・敏感肌の方です。肌に負担をかけることなく汚れをしっかり落としていくにはどうすればよいのか?

 

基本的にはできるだけ低刺激なクリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤を使用することになりますが、それだけでは十分に汚れを落とせない場合もあります。そんな時には洗顔料との相性も考慮したうえで二段階で毛穴の汚れを落としていくようにしましょう。

 

低刺激ではもうひとつ、弱酸性タイプのクレンジング剤もお勧めです。一般的な弱アルカリ性に比べると洗浄力にやや劣りますが、肌と同じ弱酸性なので刺激が少ないので毛穴の黒ずみをなんとかしたいけど肌への刺激が気になる、またはクリームタイプ、ミルクタイプでは洗浄力が物足りないという方は試してみてはいかがでしょうか。

敏感肌のクレンジングの上手な選び方

敏感肌のクレンジング選びはとにかく「肌に負担をかけずに使用できること」に尽きます。いくらメイクをしっかり落とせる洗浄力を備えていても敏感になっている肌に負担をかけてしまっては逆効果、バリア機能をますます低下させるばかりかシワやたるみといったトラブルの原因を作ってしまう恐れもあります。

敏感肌の人は低刺激なミルク・クリームタイプで落とせる範囲のメイクを心がける

クレンジングバームおすすめ

クレンジング剤はもともと汚れを落とす一方でその洗浄力で肌に負担をかけてしまうという諸刃の剣のような面を持ち合わせています。

 

それだけに効果だけを求めるのではなく刺激と洗浄力のバランスを考慮しながら自分の肌に合ったものを選んでいく必要があるわけですが、敏感肌の場合はこのバランスを低刺激に大きく傾けたうえで選んでいくことにになります。

 

一般的なクレンジング剤はオイルクレンジングと呼ばれオイルが多めに含まれているのが特徴です。オイルがメイクを浮かび上がらせて落としていくのです。そのためオイル分の含有量が多ければ多いほど洗浄力に優れていることになるのですが、その分肌への負担も大きくなっていきます。

 

敏感肌のクレンジング選びではこのオイル分がどれだけ含まれているかどうかが鍵となるわけです。

 

こうした事情から敏感肌の方には一般的なオイルクレンジングはあまり適していません。よりオイルの含有量が少なくマイルドな製品を選んでいく必要があるわけですが、クレンジング剤にはそのオイルの含有量によってリキッドタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプなどさまざまな種類があります。

敏感肌の人は濃いメイクはポイントリムーバーを利用して予め落としておく

クレンジングバームおすすめ

低刺激を重視してできるだけ肌に負担をかけない製品を選ぶならミルクタイプ、クリームタイプがお勧めです。ただこれらのタイプは洗浄力が控えめなのでしっかりとメイクを落とすことができないかもしれません。

 

メイクを落とさずに肌に残してしまうとそれが大きな負担になってしまいますから、メイクとの関係も考慮したうえで選ぶようにしましょう。簡単に言えばクリームタイプ、ミルクタイプでも落とすことができる範囲内でのメイクを心がけるということになります。

 

とくにアイメイクをしっかり行っている人はこれらのタイプでは落としきれないこともあるので薄めにする、リムーバーを使った上でクレンジングを行うといった工夫を心がけましょう

 

肌に負担をかけずにメイクと汚れを落とせるという点では酵素クレンジングもおすすめです。酵素がたんぱく質を分解することで洗っていくことができるもので、オイル分に頼らないので低刺激なのが魅力です。ただ製品によっては角質を除去しすぎてしまうものもあるので自分の肌にあったものを選びましょう

混合肌のクレンジングの上手な選び方

混合肌はもともとスキンケアが難しいといわれるものですが、とくに難しいのがクレンジングです。メイクをしっかり落とすのはもちろん、油っぽい部分の皮脂を落としつつ、乾燥しがちな部分にはできるだけ刺激を与えないようにする、そもそもそんなことができるのか?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

混合肌の人はまずTゾーンにクレンジングをじっくりと馴染ませておく

クレンジングバームおすすめ

美容液や化粧水の場合は場所によって使う量を調節したり、必要に応じて異なる製品を使用するといった工夫ができます。

 

しかしクレンジングの場合はTゾーンにはたっぷり使って口元、目元にはあまり使わないなんてことはなかなかできませんし、まして場所によって違うクレンジング剤を使うなんてことは手間がかかりすぎて現実的ではありません。となるとどうやってクレンジングをしていけばいいのか?

 

使用する量を調節するのは難しいわけですから、まず使い方をうまく調節していきましょう。Tソーンにはじっくりとクレンジング剤をなじませて汚れやメイクを浮かびあがらせたうえで除去していく、一方口元、目元では軽くなじませるだけで済ませる。こうした工夫をするだけでも効果が得られます

 

それを踏まえたうえで適度な洗浄力を備えたものを選ぶのがポイントです。オイル分があまり多いと乾燥しだ部分に刺激を与えてしまいますから、リキッドタイプや水性のジェルタイプなど適度な洗浄力のものを選び、先ほど触れたように油っぽい部分を入念に洗う、といった使い方をするのです。

混合肌の人はホットクレンジングで乾燥部分の悪化予防が期待できる

クレンジングバームおすすめ

よく混合肌のスキンケアでは乾燥した部分にあわせて選ぶとよいといわれますが、クレンジングではクリームタイプやミルクタイプなど乾燥肌向けの製品を選ぶとTゾーンの汚れを落とせない恐れがあるので注意しましょう

 

このようにクレンジング選びが難しい混合肌ですが、ここにきて適した新しいクレンジング剤も登場するようになりました。ホットクレンジングと呼ばれるもので、肌を温めてやわらかくしたうえでメイクと汚れを落としていくことができる製品です。

 

肌を温めることでクレンジング剤がなじみやすくなるのでこれまでよりも摩擦による刺激が少なく洗っていくことができるうえに、温めることで肌が柔らかくなる効果が乾燥肌を和らげ、毛穴の柔軟性を高めることで化粧水や美容液の浸透性をアップさせることもできます

 

油っぽい部分の汚れを効果的に落としつつ、乾燥肌のケアもできる、まさに一石二鳥の選択肢です。これまでなかなか納得できるクレンジング剤を見つけられなかった方はこのホットクレンジングを試してみるとよいかもしれません。

 

ニキビ肌のクレンジングの上手な選び方

ニキビ肌は肌に炎症を起こしてしまっている状態なのでスキンケアではとにかく肌に刺激を与えないように心がけていくことが大前提です。それだけにクレンジングは難しく、そもそもクレンジングを使わないで済ませている方も多いようです。

ニキビがあるときはできるだけ添加物やオイル分が使われていないクレンジング剤を選ぶ

クレンジングバームおすすめ

ただニキビはもともと毛穴の詰まりが大きな原因となっているのでそれをしっかりと除去していく必要がありますし、メイクを落とさないとますますニキビが悪化してしまう恐れもあります。ニキビに悩んでいる方はニキビ肌でも使用できるようなクレンジング剤を探してみましょう。

 

まず大前提として踏まえておきたいのが添加物ができるだけ使われていないものを選ぶことです。クレンジング剤には合成界面活性剤をはじめ防腐剤などが使用されていることも多く、それが肌に刺激を与えてしまうこともあります。

 

こうしたニキビを悪化させる要素をできるだけ排除しておくことがまず求められるのです。そのうえでオイル分がどれだけ含まれているかをチェックしていきます。一般のクレンジング剤はオイルクレンジングと呼ばれており、オイル分がメイクや汚れを浮かび上がらせて落とす仕組みになっています。

 

ただこのオイル分の配合量が多いと肌に負担をかけてしまいますし、ニキビ肌の方はただでさえ皮脂の分泌量が多い傾向があるためオイルはあまり歓迎されません。洗浄力とのバランスも考慮しながらできるだけオイル分が少なめで低刺激なものを選んでいくとよいでしょう

ニキビや炎症が進行している場合はクリームやミルクタイプのクレンジング剤が適している

クレンジングバームおすすめ

ニキビがそれほどひどくない場合にはリキッドタイプがお勧めです。水分と油分両方となじみやすいうえに適度な洗浄力も備えているので軽度のニキビ肌に適しているのです。

 

一方炎症がかなり進んでいる場合にはクリームタイプ、ミルクタイプといった低刺激なものを使用しましょう。そのうえで洗浄力がやや弱いこうしたタイプでも落とせる範囲内でメイクをするといった対策を組み合わせてきます。

 

現在ではオイル分に頼らずにメイクと汚れを落とすことができるクレンジング剤も増えています。その中でもとくにおすすめなのがホットクレンジングと呼ばれるタイプです。塗付すると肌を温める働きがあり、強く擦ることなくなじませながら汚れを落としていくことができます

 

温めることで毛穴を緩めて奥の汚れを落としやすくすることができるのでニキビの改善にも役立つでしょう。また刺激に敏感になってしまっている方は肌と同じ弱酸性のクレンジング剤がお勧めです。この点は先ほど触れたオイル分の量や洗浄力とのバランスも踏まえた上で選んでいくと自分のニキビ肌に合ったものを見つけやすくなるはずです。

コスメルジュ編集部が選んだ!おすすめクレンジングバーム

コスメルジュ編集部が選んだ!おすすめクレンジングバーム

D.U.O.(ドゥオ)クレンジングバーム

クレンジングバームおすすめ

250万個突破!優しいのにしっかり洗い上げる@コスメ1位の人気クレンジング
3,600円税別/定期初回1,800円(2回目以降20%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

クレンジングバームおすすめ

汚れを落としながらエイジングケア!?化粧落としの常識を変えた話題のクレンジング
4,500円・税別/定期初回1,500円(2回目以降4,050円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ラフラ バームオレンジ

クレンジングバームおすすめ

65万個突破!オレンジの香りに癒されるストレスオフのクレンジングバーム
5,400円・税込/定期初回2,990円(2回目以降4,320円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!